トップページ > 許先生のコラム > コラム 第17号

貴方に絶対役立つ東洋医学第17号 - 発行者 : 許志泉

掲載のコラムは、許志泉先生が以前 「 まぐまぐ! 」 に発行していたものです。
東洋医学にご興味がある方、ぜひお読みください。

食べ物で養生 夏に元気にする薬膳医食同源

皆さん、こんにちは。富士堂漢方薬局の許です。
「 医食同源 」 という言葉はご存知でしょう。でもどうやってすればよいかよく知らない・・・。

そんなお悩みの方々に、今回、夏に併せて『 夏を元気にのりきる薬膳 』の勉強会を日本東洋医学普及協会(JOM)の主催で行う予定です。 是非、このチャンスを見逃さず、お友達やご家族と一緒にご参加ください。

日本東洋医学普及協会(JOM)主催 第4回勉強会

今回、麹町出張所・区民館の調理室にて食物の「四気(性)五味」や四季の薬膳のお話を交えながら、
ご家庭で簡単に作れる夏の薬膳の調理実習を 行います。

食物は、生薬と同じように 「 四気 ( 性 ) 五味 」 の性質を持っています。
これを上手に活用すれば体調に合わせて食材を選んだり、料理を作ったりすることができます。

夏は暑くて汗をたくさんかいたり、また、体温調節が上手くいかずに熱中症になったりします。
これらを防ぎ、夏バテや夏の不快な症状に負けないようなメニューを作ります。
作った後は、もちろん試食をします!!皆様のご参加をお待ちしております。

  • テーマ : 『 夏を元気にのりきる薬膳 』 ( 調理実習 )
  • 日 時 : 2007年7月21日 土曜日 14:00〜16:00
  • 場 所 : 千代田区麹町出張所・区民館 一番町洋室B(調理室)
  • 会 費 : 日本東洋医学普及協会 [ 会員 3,000円 / 非会員 4,000円 ]
  • 持ち物 : エプロン
  • 定 員 : 20名まで
  • その他 : 参加費には受講料、資料代、材料費が含まれています。

※ この講座は終了しております。

夏を元気に のりきる薬膳メニュー


・ハト麦と緑豆のお粥ーー中国でポピュラーな夏向きのお粥です。
・キュウリと麦門冬のカリカリサラダ ( 麦門冬の意外な食感が新しい!体を潤し暑さ負けを防ぐサラダです。)
・柏子仁と杏のパンケーキ ( 美味しくて、お通じにも良いおやつです。)


次回の第18回目は、美味しくて効く - 漢方茶シリーズ5 かすみ目、眼精疲労などを解消するの 「 明目茶 」 についてお話します。それでは、またお会いしましょう。

富士堂東洋医学研究所-リンクページトップへ戻る

許先生のコラムバックナンバー東洋医学コラム

こちらは、許先生のコラムバックナンバーになります。読み返してみると勉強になりますよ。

Copyright (C) 2004 - 2014 富士堂東洋医学研究所.