トップページ > 許先生のコラム > コラム 第15号

貴方に絶対役立つ東洋医学第15号 - 発行者 : 許志泉

掲載のコラムは、許志泉先生が以前 「 まぐまぐ! 」 に発行していたものです。
東洋医学にご興味がある方、ぜひお読みください。

「東洋医学の知恵を生活に」身近な健康な話題を 東洋医学講座の案内

皆さん、こんにちは。富士堂漢方薬局の許です。今日は東洋医学講座のご案内です。

「東洋医学の知恵を生活に」講座のご案内

東洋医学は治療だけではなく、生活の東洋医学でもあります。東洋医学の 「 平 」、「 整体観念 」、「 陰陽理論 」、「 食べ物の四気五味 」 などは貴方の健康に役に立ちます。

何千年前から誕生した東洋医学がいかに我々の生活に浸透しているか、たぶん、みなさんはあまり知らないかもしれません。

例えば、「お元気ですか」、「気をつけてくださいね」などの日常会話に、東洋医学の大切な「気」という言葉が使われています。

東洋医学から考えれば 「 元気 」 がないと呼吸が浅い、息切れ、微熱、全身倦怠感などの症状が現れます。気が足りない、或いは気の巡りが悪いと、疲れやすい、うつになりやすいなどの症状がよく現れます。

食べ物というと、牛肉とお魚は東洋医学から見れば、どんな違いがありますか?などなど、おもしろい話題がいっぱいです。めったにない内容ですので、ぜひお友達、ご家族の皆様お誘いの上、生の講演をお聞きください。

  • テーマ : 東洋医学の知恵を生活に
  • 講 師 : 医学博士 許志泉
  • 主 催 : 日本東洋医学普及協会(会長 医学博士 許志泉)

※ この講座は終了しております。

次回、第16回目は美味しくて効く - 漢方茶シリーズ4 生理痛解消の 「 月楽茶 」 についてお話します。
それでは、またお会いしましょう。

富士堂東洋医学研究所-リンクページトップへ戻る

許先生のコラムバックナンバー東洋医学コラム

こちらは、許先生のコラムバックナンバーになります。読み返してみると勉強になりますよ。

Copyright (C) 2004 - 2014 富士堂東洋医学研究所.