トップページ > 許先生のコラム > コラム 第13号

貴方に絶対役立つ東洋医学第13号 - 発行者 : 許志泉

掲載のコラムは、許志泉先生が以前 「 まぐまぐ! 」 に発行していたものです。
東洋医学にご興味がある方、ぜひお読みください。

美味しくて、効く漢方茶シリーズ 2貴方の便秘を解消する 「 清腸茶 」

皆さん、こんにちは。今回も引き続き漢方茶について話します。

富士堂漢方薬局の一番人気の漢方茶は、便秘解消の 「 清腸茶 」

清腸とは、デドクッス・・・つまり体内に溜まった毒素を潤す ( 排出させる ) という意味で、崩れた腸の
機能を調整し、無理なく自然に回復させます。ご存知かと思いますが 「 快食、快眠、快便 」 この三つは
健康のサインといえます。

しかし我々現代人 ( 特に日本人 ) は、多忙な仕事や不規則な生活リズム、複雑な人間関係やストレス
などにより、お通じ、睡眠、食欲に悩んでいる方が多く、想像以上に深刻なのです。
どこの薬局にも便秘ぎみの方はたくさんいて、便秘薬、整腸剤、浣腸剤などを定期的に購入されます。

強い薬に頼らず、普段の養生面から何かと考えた末に開発したものが、富士堂の 「 清腸茶 」 です。

市販の便秘薬のような強い作用はなく、穏やかな効き目なのでクセになりません。
一言といえば、天然の漢方健康茶 ( ノーカフェイン ) なのです。

天然であるからこそ 「 日常茶飯事 」 といわれたように、毎日楽しみながら続けることで養生になります。
自慢は、香ばしい味わい。蜂蜜を入れるとまろやかになり、更に美味しい漢方茶になります。

では、いったい便秘は 何が原因なのでしょうか?

1つ目は、精血や津液の不足により、腸の乾燥状態で、便がスムーズに出せないとのことです。
特に老年性便秘は、この典型的なタイプです。
ご年配の方は、老化に伴う全身機能の衰え、消化、吸収、新陳代謝など色々な面で低下状態にあります。
その為、消化液、水分など潤い成分が足りず、便が硬い・コロコロ・兎糞状になります。

2つ目は、気の機能がうまく果たせなくて 「 気滞 ( 気の巡りが滞り、全身をスムーズに巡れない ) 」
或いは 「 気虚 ( 気の不足する状態 ) 」 になると腹痛を伴う排便障害が起こり、便意が鈍感になります。
つまり腸の働きが異常に敏感し、或いは低下して、排便がすっきりしないのです。
サラリーマン、若者などによく見られるタイプです。
不規則な生活リズムの上、食事もアンバランスで、野菜などの食物繊維を摂取しないためにおこります。

このような便秘を東洋医学の理論に基づき作られたのが、富士堂漢方薬局の 「 清腸茶 」 です。
中身は、決明子( ケツメイシ )、麻子仁( マシニン )、桃仁( トウニン )、何首烏( カシュウ )、陳皮( チンピ )、
センナ、蜂蜜などが配っています。

  • 決明子 ( ケツメイシ ) は、腸を潤しコレステロール、中性脂肪、血圧にも良いのです。
  • 麻子仁 ( マシニン ) や 何首烏 ( カシュウ ) は、肝や腎を補います。
  • 麻子仁 ( マシニン ) は、血を養い、不飽和脂肪酸を含むため腸を潤します。
  • 桃仁 ( トウニン ) は、活血・血行を良くします。
  • 陳皮 ( チンピ ) や センナは、気の巡りを良くし腸の運動を促進します。

富士堂の漢方茶 「 清腸茶 」 は、蜂蜜と共に腸を潤い、便をすっきりさせます。
ご年配の便秘や、常習性便秘、高脂血症を伴う便秘には、とても向いているお茶なのでお勧めします。

毎日のお茶として飲めば、血や津液、腸を潤い、気の巡りを整え胃腸の蠕動を促進して排便を助けます。
不要な老廃物や毒素をスムーズに出し、お通じはもちろんのこと脂肪代謝にもよくします。
最後に、便秘が気になる皆様にアドバイス!!

  • 「 清腸茶 」 を毎日楽しんで、飲みましょう。
  • 食物繊維をタップリ取リましょう。
  • 規則正しい生活をおくりましょう。
  • ストレスが溜まらないようにリラックスタイムを作りましょう。

以上のことを日々念頭におけば、お通じに絶対悩まなくなりますよ。
便秘解消の 「 清腸茶 」 は、富士堂漢方薬局オンラインショップ からお求めください。

次回第14回目は、美味しくて効く - 漢方茶シリーズ3 ストレス解消の 「 一杯爽快茶 」 についてです。
それでは、またお会いしましょう。

富士堂東洋医学研究所-リンクページトップへ戻る

許先生のコラムバックナンバー東洋医学コラム

こちらは、許先生のコラムバックナンバーになります。読み返してみると勉強になりますよ。

Copyright (C) 2004 - 2014 富士堂東洋医学研究所.